敷地約15坪 葛飾区Ka邸

葛飾区Ka邸 地盤改良後、基礎工事着工2022.05.13

【地盤改良工事】 地盤改良工事
葛飾区Ka邸(ツーバイフォー工法・準耐火住宅)建物の位置を示す地縄張りや、地盤調査は事前に終了しています。
調査の結果、地盤改良の必要があり改良後、水盛り遣り方出し、根伐り、砕石転圧地業、防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設、引き続き基礎工事中。
※地盤改良工事
工事は柱状改良(セメントミル)としました。柱状改良とは、軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまうのです。地盤の正体は外から見ただけでは判りません。不同沈下や液状化、崖崩れなど建物を脅かす被害を未然に防ぐために、地盤の状況をよく理解し、それぞれの建物に適合した地盤を人工的に確保するために改良を加えることです。
地盤を含めた基礎、構造体が建物を長持ちさせ、家族の安全を守ります。当社は、常にこれを最優先に考えています。


【水盛り遣り方出し】 水盛り遣り方出し

※水盛り遣り方とは、建物の位置や基礎の高さを示すために基礎の仕上がりの外側に打った木の杭に板を取り付け、板と板の間に水平に水糸を張ります。
その水糸が、基礎(建物)の中心線となりますが、これは基礎工事終了後には取り除かれます。
【根伐り】 根伐り


※根伐りとは、土を掘削して必要な基礎空間を造る作業。
【砕石地業。防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設】 砕石地業。防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設


※砕石転圧地業とは、転圧することによって砕石の沈み込みを防止。転圧後のレベル(高さ)確認は必ず行ないます。
※防湿シート敷き込みとは、湿気や水蒸気を防ぐために砕石の上にフィルムを敷く作業のことです。
※捨てコンクリートとは、強度を出すためではなく、住宅の外周部や内部に墨出しをし、正確に施工するための補助的な工事です。
敷地約15坪 葛飾区Ka邸
その他の工事レポート
  • 葛飾区Ka邸 基礎工事・3 NEW! 2022.05.24

    葛飾区Ka邸 基礎工事・3

  • 葛飾区Ka邸 基礎工事・2(JIO配筋検査)  NEW! 2022.05.23

    葛飾区Ka邸 基礎工事・2(JIO配筋検査)