狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング

狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング の トップページへ戻る







メルマガ会員募集中



ヒートショックって知っていますか?

リビングは暖かいけれどトイレやお風呂で
ヒヤッとする寒さを感じることはありませんか?
この「ヒヤッ」とする状態も 「ヒートショック」の一種です。


ヒートショックとは
急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。
人間の体は温度の変化にさらされると、血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。

その結果、脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがあるのです。

日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされ、
その理由は「お風呂場と脱衣室の温度差」であるとされています。

すべての人がヒートショックを起こすわけではありませんが
高齢者と高血圧や糖尿病の人・動脈硬化のある人は特に注意が必要です。
ではヒートショックのおきない家にするにはどうすればいいのでしょうか。



気密性・断熱性をアップして安心住宅

ヒートショックの起きない家にするためには、家の中の温度変化を少なくする必要があります。

そのためには気密性能断熱性能をアップすることがポイントです。
具体的にはどうすればいいのかというと

気密性をアップ
→壁・天井・床などにおいて、部材と部材の間に生じる「すき間」をできるだけなくす

断熱性をアップ
→家のまわりを空気を含んだ断熱材で魔法瓶のようにすっぽりとくるむ
→複層ガラスや内窓を採用して窓から熱が逃げないようにする

では高気密・高断熱の家にすることのメリットは、
「ヒートショックがおきない家」ということだけなのでしょうか?



高気密・高断熱の家はエコで経済的な快適住宅!

高断熱・高気密を実現した高性能な住まいは、外気温の変化の影響を受けにくくなるため、
・消費エネルギーのロスが少なくなる(エコ)
・冷暖房費を抑える効果が期待できる(経済的)
また温度が一定であることからより快適に過ごすことができます。


渡辺ハウジングでは高気密・高断熱の家を数多く手がけています。
高気密・高断熱住宅の施工例はこちら

高気密・高断熱住宅についてさらに詳しくお知りになりたい方は
フォームからからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

断熱ノウハウ満載の小冊子を無料でプレゼントしておりますので
お気軽にお申込みください。
小冊子プレゼント

お問い合わせ
小冊子無料プレゼント 緊急レポート