狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング

狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング の トップページへ戻る







メルマガ会員募集中



渡辺ハウジングで

外断熱・地熱利用住宅を建てられたお客様から、

詳しいレポートを頂戴しました

東京で、外断熱の地熱住宅を建てられたK様。
引渡し後の暮らしぶりを施主さま自らまとまられたレポートが、私どもに届きましたので、ご紹介いたします!





家の引渡しを受けてから、かれこれ2ヶ月がたち、ようやく電化機器類にもなれてきました。
どんな暮らし方をしているのか簡単ですがご報告いたします。
外気温、室温、室内湿度のグラフも添付しますので合わせてご覧いただければと思います。


《2階リビングの室内環境について》

1月に入り、外気温の低い日が続いていますがご安心ください、家の中は快適です。
蓄熱式暖房機は入居初めから稼働させ、蓄熱量を上げていき、11月の末からはずっと蓄熱量最大で稼働しています。

【11月】

エアコンはドライをつけることはありましたが、暖房としては使いませんでした。
2階につけていただいたパナソニックの新型エアコンはドライ運転中も寒くならないので、お勧め機種です。

11月の1階の朝の平均気温は18度くらいでしょうか、なぜ1階かというとなるべくエアコン暖房の影響がない場所の室温のほうがいいと思ったからです。
2階は当然これより暖かいです。
湿度は70パーセントから20パーセント台まで乱高下しています。
新築だからでしょうか?



【12月】

さすがに朝の外気温は低く、12月初めから朝暖房のエアコンをかけ始めました。
中旬以降は朝4時から7時まで毎日タイマーセットで使っています。
昼間はエアコンは切っています。

天気のいい日だと太陽の熱で2階は暖まっているので、夜もそのままエアコンなしのときがほとんどでした。

晴天の日中は20度を越えます。

外気温が下がるにつれ、徐々に部屋の温度も下がると言った感じです。
はじめ蓄熱式暖房機は夜にファンを回して暖かい風を出していたのですが、
昼間の室温が高いときにファンを回したほうが、室温低下がゆっくりで夜も暖かいことがわかりました。
住んでみないとわからないものですね。

12月の1階朝平均室温は、15.5度くらい。
湿度は平均すると45パーセントくらい、やはりエアコンをつけると乾燥しますね。



【1月(2008年)】

朝の外気温も5度をきる日が多くなり、寒さ本番です。

お正月に天気がよすぎたためか部屋の湿度がなんと10パーセントになってしまいました。
洗濯物を干しても調理で水蒸気を出してもなかなか上がらず、ついに加湿器を購入(1/5)しました。

家のためには加湿器をつけないほうがいいと思うのですが、人間のほうが参ってしまいます。
生花など花びらがパリパリと乾いた感じになる花もありました。
ドライフラワーを作ってみようと思っています。

2階エアコンは相変わらず朝4時から7時まで稼働。
天気がよく太陽熱が取り込める日の夜はエアコン暖房ナシですが、曇りなどの日は夜も2.3時間つけます。
さて、湿度なのですがだんだん家の中が乾燥してきたのか加湿器を使っても30パーセントくらいしか上がりませんが、
このくらいならまあまあ大丈夫と言ったところです。
話には聞いていましたが本当に冬は乾燥するのですね。

1月の1階朝平均室温はそれでも14度はあります。

主に2階リビングのことを書きましたが、1階子供たちの個室もそれほどの温度差はなく、湿度差もあまりなく、
少しエアコン暖房をすれば大丈夫のようです。
2階リビングのエアコンのパワーはこれくらいでちょうどいいのではないかと思っています。
ほとんどこれ1台だけでやっていますので。




《オール電化生活について》

なんといっても深夜時間帯の活用に努めています。
エアコン、炊飯器、洗濯機、食洗器、湯沸しポット、もちろん蓄熱式暖房機、エコキュートとタイマーを使い、
できるだけ深夜時間帯に動かしています。
朝起きると洗濯が仕上がっていてご飯も炊けており食洗器できれいになった食器で朝ごはんといった具合です。

心配していた電気代ですがはじめの1ヶ月は¥13000ほどですみました、良かった!
IH調理器具についてはガスと比べ一長一短がありますが、なんといっても掃除が楽なことが大助かりです。


《気づいたことあれこれ》

1.つけてよかった設備
電動雨戸。なんといっても毎日のことなので大助かりです。

蓄熱式暖房機。手間要らずで暖かく静かで快適です。
   もう一回り大きな機種でもよかったと思っていますが、今年は地熱が利用できていないからかもしれません。
   設置場所なのですが理論的には1階階段ホールの今の場所がベストなのですが、体感的にはやはり1階個室に
   つけたほうが良いと思いました。
   我が家は部屋が狭くて無理ですが余裕のある家でしたら部屋の中のほうがいいと思います。

キッチンの電動戸棚。背の低い私には特に便利です。

トイレのほのかライト。
   これはこの便器を選んだときに装備されていたのですが、ふたを開くと足下と便座内をほのかに
   照らしてくれるのです。これは夜に威力を発揮します。
   夜中のトイレのときにトイレの電気をつける必要がなく眩しくなくとても重宝しています。
   (LIXIL INAX サティスシリーズ)

2.音に関して

地熱設備の空調機の音を心配していましたが、普段生活するうえではまったく聞こえず気になりません。
一番うるさい音はなんだと思いますか?
それは冷蔵庫の音なんです。
リビング兼オープンキッチンの間取りなのでよけいに感じるのかもしれません。
家族からも音に関しての苦情はありませんが、普通の家より音は響きますね。
特に引き戸の開け閉めなど木の音がよく響きます。



3.窓に関して

部屋の中が暖かいためか窓際にいたりすると窓から熱が奪われているのがよくわかります。
ある寒い日、家の中で一番暖かいのは、不精して雨戸を閉め切ったままの1階次男の部屋だったことがあります。
当初窓にはカーテンではなくプリーツスクリーンをするつもりでしたが、保温性が悪く結局カーテンにしました。
窓はできれば全部雨戸をつけられればいいですね。
気をつけてみていますが結露はありません。



簡単ですが、地熱住宅での生活について書いてみました。
建売とはいえ、まだ25年しかたっていない住宅を建て直すのに迷いもあったのですが、2ヶ月住んでみて本当に御社で建て直してよかったと思っています。
また季節が変わりましたらご報告したいと思います。
K原


K原様より寄せられたレポートです。
こちらも併せてご覧ください。





ありがたいレポートをいただき、こちらこそ感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
私ども建設会社があれこれ申し上げても、なかなかお伝えしきれないのですが、実際に生活されている施主さま自らのレポートですからこれほど心強いものはありません。
これからも、よろしくお願いします<(_ _)>

狭小住宅 3階建て住宅の専門工務店 渡辺ハウジング:お客様の声

狭小住宅 3階建て住宅の専門工務店 渡辺ハウジング:施工例


お問い合わせ
小冊子無料プレゼント 緊急レポート