狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング

狭小住宅の間取り・施工例と3階建て、東京都の渡辺ハウジング の トップページへ戻る










メルマガ会員募集中



1.狭小住宅の資料請求・問い合せ

当社では、狭小住宅の資料請求またはお問合せをいただきました際に先ず、基本的なことをお伺いいたします。
その上で、ご希望の資料をお届け、もしくは郵送いたします。
ご訪問は、必ずご了解をいただきました後とし、「夜討ち」・「朝駆け」の迷惑訪問はいたしません。


狭小住宅の資料請求・問い合せ



2.初回面談・モデル棟案内・現場見学

当社敷地内にモデルハウスがございます。実際に私どもが建てた家をご覧いただき、その場でゆったりとお打ち合わせをさせていただきます。
また、ご希望のお客様には、現在施工中の現場もご案内いたします。
(※適当な現場が無い場合は、ご了承ください。)


狭小住宅の初回面談・モデル棟案内・現場見学



3.プラン・見積り(概算)提出(初回)

お客様のご要望を十分考慮し、当社からのご提案も含めまして、提出させていただきます。
(※初回面談から、プラン・見積り提出(初回)まで通常10日〜2週間程度です。)


狭小住宅のプラン・見積り(概算)提出(初回)



4.プラン・見積り提出(2回目)

1回目のプラン・見積り(概算)提出時のお打ち合わせを基に再考し、再提出させていただきます。
(※この時点でご納得いただけると考えております。)





5.地盤調査依頼

狭小住宅を建てるにあたって、最初に必要な工事が建設予定地の地盤調査です。
当社では、第3者検査機関である『JIO(日本住宅保証検査機構)』に調査を依頼しております。
他の建設会社にご依頼される場合でも、地盤調査は必要事項(注:JIOに限らず、地盤調査が実施されていない場合完成後の「10年保証」を受けることが出来ません)です。
実費精算が基本ですので、プラン・見積りにご納得いただいたこの時点で、調査依頼されることをお勧めいたします。
(※プラン・見積りの細かな調整は、この後でも対応いたします。)


狭小地の地盤調査



6.プラン・見積り提出(最終)

地盤調査の結果をご報告いたします。
問題点がある場合、改善策のご提案をさせていただくと共に最終プラン・見積りを提出させていただきます。





7.ご契約

最終プラン・見積りをご確認いただきますと、いよいよご契約です。
併せて、第3者検査『JIO』をご利用の場合、正式に申し込み(10年保証対象検査※)を行います。
(※4項目:基礎配筋、構造体、外装下地、完了)


狭小住宅のご契約





8.確認申請

行政機関に対して、建築許可の申請をおこないます。
(*通常、2週間〜1ヶ月前後ですが、建物の用途により期間が、前後しますので詳しくは、お問合せください。)





9.着工

建築許可がおりますと、いよいよ着工です。敷地に図面に従って地縄を張り、着工前の最終確認をおこないます。





10.基礎工事

狭小住宅の要である基礎工事が始まります。
配筋・コンクリート強度等、チェック・検査をおこないながら工事が進みます。
(※『JIO』ご利用の場合、1回目の基礎配筋検査が実施されます。)


狭小住宅の基礎工事



11.木工事

基礎工事が終わりますと大工による狭小住宅本体の工事が始まります。
基礎工事同様、材木・補強金物等の取り付け状況・検査を随時おこないながら工事が進みます。
(※『JIO』ご利用の場合、2回目の構造体検査が実施されます。)


狭小住宅の木工事



12.内・外装工事

狭小住宅の骨組みとなる構造体が完成し、屋根工事が完了しますとかなり家らしくなってきます。
(※『JIO』ご利用の場合、3回目の外装下地検査が実施されます。)
上記の防水材や断熱材の検査が終わりますと、内部は間仕切り壁、建具取り付け等の造作工事、
外部はサイディング吹き付け等の外壁工事をおこないます。


狭小住宅の内・外装工事



13.仕上げ工事

内・外工事が終わりますと、最終段階の仕上げ工事になります。
クロス(天井、壁)工事や水道・電気器具等の取り付け工事をおこないます。
(※『JIO』ご利用の場合、4回目(最終)の完了検査が実施されます。)


狭小住宅の仕上げ工事



14.竣工

最終的に仕上げ検査、設備機器の試運転をおこない、問題があればこの時点で手直しをいたします。
その後、施主様に検査をしていただき、ご確認・ご承認をいただきますと竣工となります。





15.引渡し

設備機器等の使用説明、手直しがあった場合のご確認、各書類をご確認いただきまして、
晴れてお引渡しとなります。




お問い合わせ
小冊子無料プレゼント 緊急レポート